大阪からもツアーが便利な小豆島

瀬戸内海に浮かぶ小豆島は、淡路島の少し向こう、大阪から目と鼻の先のようにも思えますが、個人旅行の場合アクセスにやや不便な面があります。

本州や四国とは橋で結ばれていないため、マイカーで向かう場合、フェリーを利用することになります。
神戸港や姫路港を行き来する航路がありますが、やや本数が少なく、電車や高速バスの利用でも、いずれかの港からフェリーには必ず乗船することになります。

小豆島への旅行の基礎知識をご説明をしたいと思います。

大阪から小豆島に着いて観光するうえでも、小さな島のようでいて、それぞれの有名スポットを移動するには、マイカー以外では路線バスの利用となりますが、場所によっては本数がとても少ない路線もあります。


初めて小豆島を訪れ、効率よく観光をしたいのであれば、やはり旅行会社が催行しているツアーに参加するほうが便利となります。


名所の一つ寒霞渓ロープウェイの乗車券も団体割引でツアー料金に組み込まれ、乗り場までの移動も便利です。
紅葉や新緑の時期に訪れたい寒霞渓をはじめ、近年大阪でも話題の、恋人たちの聖地エンジェルロードや、地中海ムードが満喫できるオリーブ公園、二十四の瞳映画村など、効率よく周遊しても味わい尽くせないほどの観光スポットに満ちています。

魅力的な宿泊施設も多く、シーズンによっては個人では予約が取れないような人気ホテルもあり、その点からも、そういったホテル宿泊をメインにしているツアーを探して利用するほうが得策と言えます。


大阪からは、距離で言えばそれほど離れていない小豆島ですが、別世界のような自然美にあふれている観光地です。



一度訪れるとその魅力のとりことなり、リピーターも多く、移住を夢見る人もいるほどです。



最初はツアーで効率よく周遊して、気に入った観光地は、後日個人旅行でゆっくり訪れるという楽しみ方もあります。