マンションのメリットとデメリット

家を購入する場合マンションにする人と一戸建てにする人で意見が分かれます。その地域によってマンション派が多いか、一戸建て派が多いかの意見が分かれるところです。都心部であれば家を建てるだけの十分な土地を購入することが難しく、マンションを購入するのが普通になります。逆に郊外や地方都市の場合にはマンション自体が少なく、一戸建て住宅を購入を希望する人のほうが多いのです。

では、マンションに住むメリットはどのような点でしょうか。まず、一戸建てと違いセキュリティーがしっかりしている点です。最近の建物は夜遅く帰る会社員や夜の仕事をしている人も多いことから管理室は24時間体制になっているところもあります。また、防犯カメラの設置は当たり前で、自動ドア内に入場するときにも指紋認証で開く方式になっているところもあり、なかなか空き巣などが侵入することは難しくなっており、安全が確保されています。

また、断熱性が高いことで有名です。端の部屋でなければ左右壁を挟んで人が住んでいますので、暖かい空気が逃げにくいという理由があるのです。これに対してデメリットは共有部分はいじることできないことです。たとえばリフォームする場合、ベランダや窓の部分は共有部分とされているため、もしいじるにしても管理組合の許可が必要になるなど面倒です。

そして、上階であればあるほど、子供が転落する危険性があります。子供の転落に関しては全国で毎月のように起こっており、何らかの対策が必要なところです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.