マンションの投資セミナーは結局役に立つのか

これからマンションに投資をしよう、と考えたとき、突然適当なマンションを購入するところから始める方はいないでしょう。資金はもちろん、必要な知識を集め、今後の住宅事情や地域事情、区分マンションに投資するのか一棟物件か、中古か新築か、などを考慮した上で投資に踏み切るはずです。その情報収集の一環として、投資セミナーに行くことを考える方も多くいます。しかし、投資セミナーと言っても、どのセミナーに参加するかは大きな問題です。

どんなマンションに投資するかによって、参加するべき投資セミナーも異なってくるからです。投資セミナーを申し込む前に確認しておかなくてはならないのが、新築向けのセミナーなのか、中古向けのセミナーなのか、ということです。これは特に重要で、新築に投資するか中古に投資するかによって、元手となる資金の額やもしも売却するとなった場合の売却益の考え方、税制についてなど注目するポイントが変わってくるからです。また、講師となる人がどんな人なのかにも着目しましょう。

ある会社のセミナーの講師が自社社員となっていた場合、自社の商品贔屓となってしまうことがあります。社労士やファイナンシャルプランナーといった財形や運用のプロが講師となっているセミナーがあれば、そちらにも積極的に参加しましょう。講師が主催会社の商品を不利にするようなことを言ったりはしませんが、比較的中立的な立場から投資について講義してもらうことができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.