マンション経営と税金について

マンション経営によって利益が出れば所得税を支払わなければなりません。この所得は家賃収入や礼金などの収入から、経費を差し引いたものです。収入と所得とは異なるという点に注意が必要です。マンション経営では家賃による収入があります。

そこから経費を差し引いたものが所得です。ですから、経費を多く計上できるような経営を行うべきでしょう。サラリーマンの場合、会社から給料をもらうことができますが、これも所得として扱われます。課税される金額を計算するときには、会社からもらった給料と、マンション経営によって得られた所得を合算します。

ですから、所得がどれくらいあるのかを把握しておく必要がありますが、そのためには何が経費として認められるのかを把握しておく必要があります。主なものとしては固定資産税などの税金や損害保険の保険料、修繕にかかる費用、減価償却です。このうち、減価償却は大きな金額になりますし、他とは少し異なります。減価償却は他の経費とは異なって、出金を伴いません。

建物が劣化することによって損失が発生すると考えられ、これを会計上の経費として計上することができます。ですから、建物を持っていることによって、現金が出ていくことなく経費が発生するのですから、節税に使うことができるというメリットがあります。現金がショートしていなくても赤字になることがあり、この赤字は会社からもらった給料と合算できますから、これも節税に使えるわけです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.