マンション経営における減価償却について

マンション経営のメリットの一つが節税ですが、節税できる理由の一つとして減価償却があります。減価償却とは、物件の取得代金を過年度に渡って経費にしていくことを指します。過年度に渡って経費として計上する理由は、物件を取得した効果は単年度のものではないからです。たとえば、電気代を払うというのはその年に関係した経費として考えるのが自然ですが、不動産というのは取得した年度だけに効果を及ぼすものではなくて、不動産が存在する限りは収入を発生させるという効果があります。

そのために、過年度に渡って経費として計上することが認められています。マンション経営では減価償却についてこのようなルールがありますが、これは節税に用いることができます。減価償却というのは、現金を支出しない経費です。たとえば100万円が減価償却として認められた場合であっても、そのときに100万円を支払うわけではありません。

ですから、たとえば収入が100万円あって、100万円を減価償却として認められた場合、プラスマイナスゼロですから税金はかかりませんが、100万円の現金は手元に残るわけです。現金が手元に残った上で税金を支払わなくて良いのですから、節税としては最も優れたものだと考えられます。このようにして減価償却によって節税できると言うこともあって、マンション経営は税金対策として適したものだと言われることが多いようです。会計上の技術ですから、分からなければ税理士に相談をするのも良い方法です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.