マンション経営を拡大するメリット

マンション経営とは、分譲マンションを購入し、それを賃貸として収入を得る方法を指します。マイホームを購入できる人は多くいるくらいですから、分譲マンションを購入するのは多くの人にとって可能なことです。それを賃貸とすることによって賃料収入を得て、賃料収入でローンを返済していくという方法をとることができます。ですから、実はそれほど難しものではないのです。

自己資金は必要ですが、ローンを利用できるという点ではハードルは低いと言えるでしょう。ただ、一室だけ購入してマンション経営をするリスクは大きいと言わざるを得ません。というのも、というのは、もしも入居者がいれば入居率は100%ですが、いなければ入居率は0%です。100%か0%かというのは非常にリスクの大きい経営だと言わざるを得ないのです。

このリスクを回避するためには、規模を拡大させていくのが良いと考えられます。たとえば、10室くらい保有をすれば、1室が空室になってもその影響は10%です。これくらいあれば、マンション経営の収入を安定化させることができると考えられます。規模を拡大させるのはさほど難しくはありません。

もちろんですがある程度の資金は必要となりますが、ローンを活用しやすくなります。すでにマンション経営を行っているという実績があれば、金融機関も融資を行いたいというインセンティブが働き、ローンを利用しやすくなるのです。次々と拡大させていくことで、10室くらいまでなら拡大できるでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.