マンション経営は入居したくなる物件を選ぶことが大切

不動産投資初心者にも始めやすいのが一棟売りと比べて販売価格が安い区分マンション経営です。色々な地域に物件を購入してリスクを分散させることも出来ますが、どんな物件でもいいというわけではありません。最近は賃貸物件の空室も目立ち、入居者集めに悩んでいるオーナーも多いと言われているので販売価格や人気エリアだけに捉われず、入居したくなる物件を考えてみる必要があります。マンション経営を成功させるには物件調査が重要で人気エリアでも駅から徒歩10分以内の物件を探す、オートロックや宅配ボックス、床暖房など最新の設備を導入している物件なら入居者が集まりやすいといえます。

気になる物件が見つかったら昼夜に出向いて周辺環境を調べてみることです。最寄駅や近くのコンビニから物件まで歩いてみるだけでも周辺環境はある程度分かります。また、マンション経営といっても今は色々な物件があり、1Kやワンルームなど単身向けがいいのか、それともファミリータイプがいいのか絞ることで計画もたてやすくなります。ファミリー向けは販売価格は高めですが、一度入居すると長く住んで貰える可能性が高く、安定的に家賃収入を得られる可能性があります。

一方、単身用は安く購入できますが、引越ししやすいので空室対策を考えていく必要があります。他にも築年数が経過するとどの程度空室率が増えるのか予測しておくことも大切ですし、適切な家賃設定など考えることはたくさんあります。無料Wi-Fi設備投資のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.