マンション投資セミナー

最近はマンションを建てても入居者が入らず、困るという話もききます。賃貸マンションは古くなってくると、新しいマンションに移り住む人が多いです。退職金がたくさんはいったから、不動産投資を考えるという人もいるでしょう。いくつかの投資セミナーなどに参加して、メリットとデメリットをよく知った上で始めることをお勧めします。

退職金や預貯金を全部マンションに使ってしまったのに、入居者がたりずに、プラスにならないようでは、下流老人になってしまいます。親から譲り受けた土地がたくさんある人のほうがおすすめです。土地を担保にして、借金をして建てれば、うまくいかないときは土地を売ればいいのです。退職金や預貯金はある程度は大事に残しておくほうが賢明です。

不動産会社に任せて、管理や入居者の募集、建物の修理などすべてしてもらい、管理料を払うということもできます。その場合は入居者が埋まらなくても毎月決まった額の家賃収入があります。ただし、借金をして建てた時は全ての家賃の半分ぐらいの収入になります。しかし、入居者の苦情や修理などの煩わしさがないので、遠方に土地がある方などは便利です。

ただ土地をほっておいては税金を払うだけですが、いくらかでも毎月の家賃収入があると、生活にゆとりがうまれます。古い空家をそのままにしておくと、電気代や水道代、庭の剪定代、帰省費用など、毎年何十万円もかかります。まずは投資セミナーで勉強して自分にあった不動産投資を考えましょう。不動産会社が主催することが多いので、1回だけでなくいろんな投資セミナーに参加したほうがいいです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.